お得に申込めるキャンペーンも!LINEの友だち追加で最新の情報をゲットしよう。友だち追加する

カードローン以外の即日融資とは?アプリでお金を借りる方法を解説

公開日:2022年8月10日

更新日:2022年8月10日

すぐにお金を借りたいとき、まず思い浮かべるのは消費者金融の「即日融資可能なカードローン」かもしれません。しかし、カードローン以外にもいくつかの方法があります。そこでこの記事では、比較的早くお金を借りられるサービスや手段について解説します。また賢くお金を借りるコツもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

「即日融資ならカードローン」は本当?最近の融資事情

急にお金が必要になった!そんなときに頼れるのは、消費者金融の即日融資に強いカードローンです。しかし、カードローンも万能ではなく、ほかの融資方法と同様、借りられるまでに数日程度の時間がかかる場合もあります。

 

はじめに、カードローンを利用する際の実情や、利用前に知っておきたい「総量規制」などについて解説します。

 

消費者金融のカードローンを借りるまでにどれくらいの時間がかかる?

消費者金融が発行するカードローンは、最短で即日融資が可能です。審査が早く終わった場合には、申込みから30分で回答が来ることもあります。

 

一方で、50万円超など借入額が大きい場合は収入証明が必要だったり、借入額と比較して収入が少なかったりなど、審査に時間のかかる要因があれば即日融資は難しいでしょう。

 

カードローン中には、まれに「どんな金額でも本人確認不要、即日融資できます」と広告しているものがありますが、これは闇金などの悪徳業者の可能性が高いです。うまい話を信用し過ぎないよう、注意してください。

 

銀行カードローンは審査に時間がかかりやすい

近年は消費者金融ではなく、銀行が発行するカードローンを利用するケースも増えています。銀行カードローンの特徴は、審査のハードルがやや高いものの、より低い金利で借りられる可能性がある点です。また「銀行」というネームバリューに安心感を覚える方も多いようです。

 

ただし、銀行カードローンは審査に時間がかかる傾向があるため、即日融資はまず難しいといってよいでしょう。そのため申込みから数日〜数週間程度はかかると見積もって、計画的に利用するのがおすすめです。

 

そもそも融資を受けられる?「総量規制」について知っておこう

カードローンを利用する際に知っておきたいのが、「総量規制」です。

 

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者から借入できる金額の上限を規制する法律のことで、2010年6月から完全施行されています。

 

現在は総量規制によって、年収の3分の1を超える金額は貸金業者から借りられません。また銀行は貸金業者ではないのですが、この総量規制に準じる対応をとっています。銀行での借入は総量規制の貸付残高として計算されないものの、銀行独自の審査基準や自主規制によって過度な借入はできない状態なのです。

 

この規制は金融機関の貸し過ぎを防ぎ、消費者が守られるためにあります。たとえ総量規制に触れない範囲でも、過度な借り過ぎには注意するとよいでしょう。

 

※総量規制に関してはこちらの記事で解説しています

即日融資が可能なカードローン以外の方法とは?

近年は新たな金融業者が多く生まれており、カードローン以外にも便利な融資サービスが登場しています。そのなかには即日融資できる可能性がある方法もあります。ここでは以下の2つをご紹介しましょう。

 

●LINEポケットマネーなど、アプリを使ったローンサービス

●クレジットカードのキャッシング機能

 

カードローンだけでなく、幅広い選択肢を知っておくことをおすすめします。それぞれの内容を確認していきましょう。

 

LINEポケットマネーなど、アプリを使ったローンサービス

最近はスマホアプリからいつでもどこでも申込めるローンサービスが増えています。その代表格として紹介したいのが、「LINEポケットマネー」です。

 

LINEポケットマネーとは、LINEアプリから申込みや借入操作ができるローンサービスのことで、大きく3つの特徴があります。

1.スマホから簡単操作!いつでもどこでも借りられる

LINEポケットマネーの一番の特徴は、LINEアプリから操作できる点です。日頃からLINEに慣れ親しんでいる方なら、気軽に使いやすいでしょう。またアプリから申込み、ネット完結で手続きできます。場所や時間を問わず利用できるので、利便性が高いです。

※メンテナンス等の時間帯を除きます。

 

またLINEポケットマネーなら、申込み時の混雑状況にもよりますが、借入額や条件によって即日融資ができる可能性があります。早めにお金がほしい際の選択肢に入れておくとよいでしょう。

 

2.100円からいつでも返済可能

LINEポケットマネーで借入した場合、借入額から決められた定額を毎月返済していきます。それに加えて100円という少額から随時返済することも可能です。返済は、LINE Pay残高もしくはLINE Payに連携した銀行口座から行うことができます。

 

カードローンなどでお金を借りていると、その期間中は原則「利息」が発生します。しかし早めに返済を進めれば、支払う利息も少なくて済みます。LINE Payを利用してこまめに返済できれば、利息を少なく抑えられるでしょう。

 

3.初めて利用する方を対象に、支払利息をキャッシュバック

LINEポケットマネーでは、初めて利用する方を対象に、新規契約日から最大100日目までに支払った利息をLINE Pay残高にてキャッシュバックしています(※)。初めてローンサービスを利用する際には、何かと慎重になるもの。しかしこうしたお得なサービスがあれば、初めての方でも利用しやすいのではないでしょうか。

※諸条件あり

 

クレジットカードのキャッシング機能

カードローン以外で即日融資が可能なもうひとつの手段は、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使うことです。すでにキャッシング機能付のクレジットカードを持っている場合は、申込みの手間もなく比較的手軽にお金を借りられます。場合によってはキャッシング額を上げることも可能です。

 

ただし契約内容によっては、ショッピング枠を使い過ぎているとあまり大きな金額をキャッシングできないこともあります。まずは自分がどれくらいキャッシング枠を利用できるのか、クレジットカード会社のマイページなどで調べてみてください。

 

なお、これらアプリを使ったローンサービスやクレジットカードのキャッシングによる借入も総量規制の対象となりますので、ご注意ください。

スムーズに即日融資を受けるためのコツは?

なるべく早めにお金を借りるためには、いくつかのポイントがあります。それは次の5つです。

 

1.なるべく早めに申込む

2.極力Webから申込む

3.必要事項を正しく入力し、必要書類も添付する

4.収入証明が不要な範囲で希望額を設定する

5.お金の受け取り方に注意

 

スムーズに融資を受けるためにできることを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

1.なるべく早めに申込む

消費者金融などでは、「17時までに申込みいただいた場合は即日審査します」など、その日のうちに審査できる時間が公式サイトに明記されていることがあります。即日融資を受けたい場合、この指定時間までに申込むとよいでしょう。可能であれば午前中など、早めの時間に申込んでおくと安心です。

 

このタイムリミットを過ぎると翌日扱いとなってしまいますのでご注意ください。

 

2.極力Webから申込む

近年は郵送ではなく、Web完結で申込める消費者金融などが増えました。Webならいつでもどこからでも申込ができるので、営業時間に左右されません。

 

またサービスや金融機関にもよりますが、Webでの手続きのほうが必要情報の漏れが少なく、結果として早く審査が終わることもあります。極力Webから申込をするとよいでしょう。

 

3.必要事項を正しく入力し、必要書類も添付する

融資の審査は、さまざまな情報を加味して実施しているため、申込み時の情報が不足している場合は審査に時間がかかってしまいます。Webの入力画面では、必要な情報を過不足なく入力するようにしましょう。もし紙の申込書を利用する場合には、記入漏れや捺印漏れなどに十分ご注意ください。

 

また、50万円超の借入を希望する場合や、他社との合計で100万円超の借入となる場合には、収入証明の提出も必要です。適切な収入証明が添付されていないと、さらに審査に時間がかかってしまいます。

 

もし収入や勤務先などを誤って申告した場合、あとで不都合が起きるケースもあります。ましてや意図的に間違った情報を記載することは厳禁です。正しい情報をスピーディに申告しましょう。

 

4.収入証明が不要な範囲で希望額を設定する

よりスピーディに融資を受けるためには、収入証明での審査を避けたほうが無難です。その分準備や審査の手間がかかってしまうからです。よって収入証明が不要な範囲で借入希望額を設定するとよいでしょう。

 

その後、もしお金がさらに必要になった場合には、改めて収入証明を用意して融資枠増額の審査を受けることも可能です。

 

5.お金の受け取り方に注意

消費者金融のカードローンに申込んで、お金を振込で受け取ろうとする場合、土日など銀行が営業時間外のタイミングでは、即日受け取れない可能性があります。最近では多くの銀行が営業時間外にも送金を行う「モアタイム送金」を行っていますが、念のため注意しておくのがおすすめです。

 

より迅速にお金を受け取りたい場合には、銀行・コンビニATMや指定の電子マネーで受け取るなど、受け取り方の選択にもこだわるとよいでしょう。

まとめ

即日融資を受けたいとき、注意すべきポイントは複数あります。総量規制などを念頭に置きながら、収入証明が不要な範囲内でWebから申込むなどすれば、スムーズに融資が受けられるはずです。

 

またカードローンのほかにも、スマホアプリを活用したローンサービスなども活用できます。LINEポケットマネーなら、いつでもどこからでも申込みができて(メンテナンス等の時間帯を除く)、スムーズに借入ができます。初めて利用する方なら、最大100日間支払利息がキャッシュバックされるのも特徴です。お金を借りたいと思ったら、ぜひ利用してみてください。

執筆者

金指 歩

 

肩書:ファイナンシャルプランナー 

大学時代にFP3級取得。新卒で大手信託銀行に入社、住宅ローンや個人資産運用の営業に従事、複数の銀行業務検定や外務員資格など取得。その後不動産会社や証券会社に勤務したのち、2017年よりフリーライターとして独立、金融系記事や取材記事を執筆。最近は編集者としても活動している。

注意事項

LINEポケットマネーのご契約は、スマートフォンからのみ可能となります。
LINEポケットマネーのご契約には、LINEスコアの取得およびLINE Payにおいて本人確認を行う必要があります。(既にこれらがお済みの方は不要です。)
ご契約のお申込み状況によっては審査に時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。
LINE Pay残高の利用方法については、LINE Moneyアカウント利用規約に従います。

申込はこちら
LINEアプリがダウンロードされているスマートフォン端末でご確認ください。