カードローンで50万円借りたらどうなる?利息や返済金額をシミュレーション

公開日:2022年5月13日

更新日:2022年5月13日

カードローンを利用してお金を借りたら、その後はどのように返済していけばよいのでしょうか。実際に借りる前に、返済についてイメージできたらより安心できるはずです。

 

そこでこの記事では、カードローンを利用した場合の返済額シミュレーションの重要性や、具体的な方法についてわかりやすく解説します。初めて試算する人がつまづきやすいポイントも丁寧に説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンの返済シミュレーションが重要な理由

そもそもカードローンの返済シミュレーションはなぜ重要なのでしょうか。その理由は主にふたつあります。

 

ひとつは、自分にとって無理のない借入かどうか判断しやすくなること。カードローンなどの「お金を借りる」という行為は、人生でそう多くありません。そのため借入時に描いていた返済額やスケジュールと現実に、大きな差がある方もいらっしゃいます。

 

しかし、事前に返済シミュレーションを行っておけば、「100万円借りたら月々26,000円ずつ返すことになるから、もう少し借入額を減らそうか」など、具体的な返済計画が立てられます。

 

カードローンの支払いは毎月発生しますので、生活資金にも大きな影響があります。安定した返済計画を立てるためにも、まずは返済額をシミュレーションしておくことが大切です。

 

ふたつ目の理由は、お金を借りたあとに慌てずに済むからです。返済シミュレーションをせずにお金を借りてしまうと、「思ったよりも返済期間が長かった」「トータルの返済額が予定より多かった」など予想外のことが起こるかもしれません。その結果、計画通りの返済ができなくなるという事態は避けたいところです。

 

カードローンはお金の使用使途が自由な分、金利がやや高めなのがデメリット。必要な分だけ借りて無理なく返せるよう、返済シミュレーションをしておくと安心です。

【具体例】カードローンの返済シミュレーション方法を解説

カードローンの返済シミュレーションツールは、各金融機関から数多くリリースされています。これらを利用する前に決めておくべきことは何でしょうか。また、LINEポケットマネーのシミュレーションツールを使って、実際のシミュレーション手順も解説します。

 

カードローンの返済シミュレーションに必要なこと

カードローンの返済シミュレーションをするには、以下のような数字が必要です。

 

・借入額(いくら借りるのか)

・借入金利(どんな金利で借りるのか)

 

まずはカードローンの借入額です。これは「いくら必要なのか」を考えればわかりやすいと思います。もし使える預貯金があるなら、その分を差し引いてシミュレーションするとよいでしょう。

 

次に借入金利は、利用するカードローン会社や借入額によって変動します。借入金利が正式に決まるのは申込審査の終了時です。そのためシミュレーションは、借りた場合の上限の金利で計算しておくと安心でしょう。

 

シミュレーションツールによっては、ローンの「借入期間」から計算ができます。借入期間から逆算して借入額を決めるという方法もあります。

 

シミュレーション① 10万円借りたらどうなる?LINEポケットマネーで計算

では、LINEポケットマネーで10万円借りた場合のシミュレーションをしてみましょう。まずはLINEアプリを開き、LINEポケットマネーのアイコンをクリックします。

アプリのトップページを下にスクロールしていくと、「05 返済計画が立てられる」という項目の下に、返済シミュレーション欄があります。

必要なのは、希望する借入金額と、借入金利(貸付利率)。ここに借入金額の「10万円」と、上限金利の「18.0%」を入力します。すると以下のように、返済回数や月々の返済金額、詳しい返済予定表が表示されます。

LINEポケットマネーの場合は、入力項目がふたつだけなのでとても簡単に試算できました。また返済回数や月々の返済額だけでなく、金利と元本の内訳まで表示されるので、より安心感がありますね。

 

シミュレーション② 50万円借りたらどうなる?LINEポケットマネーで計算

次に、借入額を50万円に増やしてシミュレーションしてみました。先ほどと同じように、希望する借入金額に「50万円」、貸付利率に「18.0%」と入れて計算します。

 

その結果がこちらです。

「借入額を10万円の5倍にしたら、返済回数も32回の5倍、160回になるのでは?」と考えるかもしれません。しかし実際にシミュレーションしてみたところ、返済回数は59回でした。借入額が大きくなるほど月々の返済額が上がるため、返済回数が少なく抑えられるのです。

 

また「毎月13,000円なら無理なく返せる」という方は、「随時返済」を活用して早めに返していくことも可能です。このようなシミュレーションを元に、毎月の返済や随時返済の計画を立ててみるとよいでしょう。

カードローンの返済シミュレーションの活用法

カードローンの返済シミュレーションを賢く利用するコツは、以下の2点です。

 

・金利は上限金利で計算しておく

・借入金額を変えて何度も計算してみる

 

それぞれの内容を解説します。

 

1.金利は上限金利で計算しておく

カードローンの案内を見ると、その借入金利は「5.0%〜18.0%」など幅を持たせて記載されています。実際の借入金利は、申込審査が終わらないとわかりません。

 

借入希望額が小さかったり、パート・アルバイトなど収入の安定性にやや欠けたりすると、上限金利が適用されやすくなります。低い金利でシミュレーションしてしまうと、実際に借入しようと思ったときに、返済額が大きくずれてしまうかもしれません。

 

そのため、18.0%などの上限金利でシミュレーションしておくと、計画とずれにくくなります。

 

2.借入金額を変えて何度も計算してみる

カードローンの返済シミュレーションは、何度行っても原則無料です。ぜひ納得がいくまで何度も試してみるとよいでしょう。

 

預貯金がある方は、どれくらいカードローンを利用し、預貯金をいくら手元に置いておけばよいか悩むかもしれません。借入額を変えて何度も試算すれば、希望する借入額や手元に置いておく預貯金額のバランスを決められます。

カードローンを手軽に利用したいなら、LINEポケットマネーがおすすめ

カードローンは全般的に「即日審査ができて、すぐに借りられる」という特徴があります。もちろん資金の使途も自由です。しかしLINEポケットマネーなら、さらに便利に利用できます。そのサービスのメリットは次の3つです。

※事業資金としては利用できません

 

・スマホから24時間365日借入可能 ※メンテナンス等の時間帯を除きます

・100円から簡単返済

・初めての方は「最大100日間支払利息キャッシュバック」※諸条件あり

 

それぞれの内容について、わかりやすく解説していきます。

 

スマホから24時間365日借入可能

ひとつ目のメリットは、スマホからいつでもどこでも借入できること。LINEポケットマネーは、スマホに入っているLINEアプリからアクセスできるのが特徴です。日頃LINEを使っている方なら、操作にもすぐに慣れることができます。

 

カードローンは一般的にATMや銀行振込などでお金を借りますが、LINEポケットマネーは銀行振込・LINE Payで借入が可能です。LINE Payにチャージされたお金は、セブン銀行ATMから出金することもできます。

※LINE Pay残高から銀行口座又はATMへ出金する場合にはLINE Pay株式会社所定の手数料がかかります。詳細はこちら

 

 

いつでもどこでも、スマホから簡単操作でお金を借りられる。そんな高い利便性がLINEポケットマネーの最大の特徴といえるでしょう。

 

100円から簡単返済

ふたつ目のメリットは、100円から簡単に返済できることです。カードローンは一般的に、ATM入金や銀行口座からの引き落とし・振込などで返済します。毎回入金する作業があると、かなり手間です。

 

しかしLINEポケットマネーなら、LINE Payにチャージしておけば自動的に返済できます。もしLINE Payの残高がなかった場合は、返済用の銀行口座から支払われますので、延滞しにくいのもうれしいポイントです。

 

さらに追加で随時返済する場合は、LINE Pay残高もしくは返済用の銀行口座からの返済を選ぶことができます。LINE Payなら1円から、銀行口座なら100円から返せます。少額からまめに随時返済しておけば、完済するタイミングを少しずつ前倒せて便利です。ぜひ活用してみてください。

 

初めての方は「最大100日間支払利息キャッシュバック」

そして3つ目のメリットは、初めてLINEポケットマネーを利用する場合、お得なキャンペーンが利用できることです。その内容は、契約日から100日目までに支払った利息がLINE Pay残高で全額キャッシュバックされるというものです(いくつかの条件がありますので、事前にご確認ください)。

 

このキャンペーンを活用すれば、本来支払うはずだった利息を取り返せるので、より効率的にお金を活用できます。少し借りてキャッシュバック期間中に返すことも可能です。この「最大100日間支払利息キャッシュバック」については、以下からチェックしてみてください。

 

LINEポケットマネー「支払利息をキャッシュバック」

 

また、サービスの詳細については、以下から確認できます。まずは返済シミュレーションから試してみるのはいかがでしょうか。

 

LINEポケットマネー公式サイト

まとめ

カードローンを利用する際は、事前に返済シミュレーションを行い、無理のない返済金額や返済スケジュールを検討しておくと安心です。特にはじめてカードローンを利用される場合は、何かと不安も多いかもしれません。

 

LINEポケットマネーなど、各金融機関のシミュレーションツールは原則無料で使うことができます。ぜひ何度も試算して、ご自身にあった借入ができるよう検討してみてください。

 

執筆者

金指 歩

 

肩書:ファイナンシャルプランナー

大学時代にFP3級取得。新卒で大手信託銀行に入社、住宅ローンや個人資産運用の営業に従事、複数の銀行業務検定や外務員資格など取得。その後不動産会社や証券会社に勤務したのち、2017年よりフリーライターとして独立、金融系記事や取材記事を執筆。最近は編集者としても活動している。

注意事項

LINEポケットマネーのご契約は、スマートフォンからのみ可能となります。
LINEポケットマネーのご契約には、LINEスコアの取得およびLINE Payにおいて本人確認を行う必要があります。(既にこれらがお済みの方は不要です。)
ご契約のお申込み状況によっては審査に時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。
LINE Pay残高の利用方法については、LINE Moneyアカウント利用規約に従います。

申込はこちら
LINEアプリがダウンロードされているスマートフォン端末でご確認ください。