利用可能額はどう決まる?

利用可能額が決まるポイント

「利用可能額」とは、最大どのくらいのお金を借りられるかを示した金額のことで、「ご利用可能枠」や「借入限度額」とも表現されます。

それではこの金額は、どのようにして設定されているのでしょうか。
ここでは、個人向けローン(カードローン)の利用可能額が決まる仕組みについて紹介します。

 

①総量規制

総量規制とは、「貸金業者は申込者の年収の3分の1までしか貸付ができない」というルールのことです。
そのため、利用可能額は「総量規制」のルールに則り、基本的に年収の3分の1までの金額で設定されます。複数の貸金業者から借入している場合は、全ての貸金業者からの借入の合計が年収の3分の1以内であることが必要です。

例えば、年収300万円の人は、個人向けローンやキャッシングも含めて借入できる最大額は100万円となります。

②他社での借入状況や信用情報

他社での借入状況や、過去に延滞などの返済トラブルがないかといった信用情報も、利用可能額の設定において重要な項目となります。
他社の個人向けローンを利用している場合、その情報は「信用情報機関」に登録されています。ローンサービス提供会社は、審査の段階で必ず信用情報を確認し、他社での借入状況や返済状況を把握したうえで、利用可能額を含む契約内容を決定します。

注意するべきポイント

借入は無理のない範囲で

利用可能額とは、あくまでも「利用可能な最大額」のことで、「借入しても安心な額」ではありません。収入や返済計画が人それぞれ違うように、自分にとって無理のない範囲で、必要以上な借入はむやみに行わないようにしましょう。
 

虚偽の申告は絶対NG

できるだけ高い利用可能額が設定されるようにと、虚偽の申告をすることは絶対にNGです。収入はもちろん、勤務先や勤続年数など契約時に必要な情報は、証明する書類を提出する必要があるため、偽った情報で契約ができないようになっています。万が一、審査に通ったとしても、虚偽の申告をしていたことが後から発覚すると、借入の一括返済を求められることもあります。申告は正しく行いましょう。

Q. 追加で借入はできますか?

LINE Pay残高へチャージする方法での借入の場合
お客さまの利用限度額の範囲内であれば、追加の借入が可能です。

なお、利用限度額が100万円以上の場合も、一度に借入できるのはLINE Pay残高の上限である100万円までです。
LINE Pay残高が100万円の場合、決済⋅出金などでLINE Pay残高を100万円未満にした後、追加の借入を行ってください。

口座入金サービスを利用した借入の場合
お客さまの利用限度額の範囲内であれば、適用されているプランごとに規定の回数の利用が可能です。

スタートプラン:月1回
スタンダードプラン:月1回
プレミアムプラン:月3回

Q. 利用限度額は増額できますか?

増額の審査が可能なお客さまは、LINEポケットマネーメインページにいずれかが表示されます。
いずれかの表示内容からお申込みください。

- [利用限度額の引き上げをご希望の方はこちら]
- [限度額の増枠申込で、お得なプレミアムプランも​​]​

審査結果によっては、ご希望に添えない場合や限度額が下がる、もしくは利用停止となる場合があります。
また、審査の混雑状況、ご提出された収入証明書類の内容によっては、2~3日以上お時間をいただく場合があります。

Q. 利用限度額は減額できますか?

利用限度額の減額はお電話にて承ります。

なお、利用限度額の増額をご希望の場合は、別途審査が必要です。
審査結果によっては、ご希望に添えない場合や限度額が下がる、もしくは利用停止となる場合があります。

LINE Credit株式会社
[TEL] 03-6670-3941
※営業時間:11:00~17:00(土⋅日⋅祝日、年末年始は休業)

音声ガイダンスに沿って、ご希望の内容を選択してください。
オペレーターにお繋ぎする手順は、以下をご参照ください。

音声ガイダンスでの操作手順
1)「既にLINEポケットマネーをご契約の方」として[2]を選択
2)「ご意見ご要望がある方」として[6]を選択

注意事項
LINEポケットマネーのご契約は、スマートフォンからのみ可能となります。
LINEポケットマネーのご契約には、LINEスコアの取得およびLINE Payにおいて本人確認を行う必要があります。(既にこれらがお済みの方は不要です。)
ご契約のお申込状況によっては審査に時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。
LINE Pay残高の利用方法については、LINE Moneyアカウント利用規約に従います。

申込はこちら
LINEアプリがダウンロードされているスマートフォン端末でご確認ください。