LINEポケットマネーの審査はどのように行われるの?

LINEポケットマネーを含め、一般的に個人向けローンの申込時には、審査が必要です。

ここでは、審査が必要な理由、審査の方法、そしてLINEポケットマネー独自に行っている取り組みをご紹介します。

なぜ審査が必要なの?

まずは、なぜ審査が必要かについてお話しします。審査が必要な理由は二つあります。

ひとつめ : 法律で定められているから

最初の理由は、貸金業者として融資ができる条件が法律(貸金業法)で定められており、これを遵守する必要があるためです。

具体的には「総量規制」といって、他社でお借り入れ頂いている残高も含めて年収の3分の1までしかお借り入れいただくことはできません。
(貸金業者以外からのお借入残高は除く、また一部「例外」「除外」扱いとなるケースは存在します)

自分の返済能力を超えるお借り入れをしてしまい返済困難となる債務者を増やさないために、一律の基準として定められていて、その他にも収入証明書を提出していただく基準やお借り入れ後の定期的な審査のタイミングなどが法律(貸金業法)で細かく定められています。

ふたつめ : 一企業として、適正な収益の確保が求められるから

そしてふたつめの理由は、私たちは、貸金業者(一企業)として、適正な収益の確保が求められるからです。

こんなことを言うと「自分たちのことしか考えていないのか!」と怒られそうですが、決してそういうことではありません。

私たちの収益はシンプルに表現すると「お客様から頂く利息−コスト」です。

そしてコストのうち、「融資したお金を返済いただけなかった分のコスト(=損失)」がそれなりに大きなウェイトを占めているのです。

仮に、「融資したお金を返済いただけなかった分のコスト(=損失)」が大きくなってしまうと、私たちがサービスを継続していくために「お客様からいただく利息」を増やす、つまり金利を上げないといけないことになってしまいます。

何がお伝えしたいかと言いますと、金利を抑えた利用しやすいサービスを提供していくためには、きちんと返済して頂ける方を対象に融資をさせていただく必要があり、そのために私たちは独自の手法でも審査を行っています。

審査はこんな風にして行なっています

主な審査のプロセスは以下の通りです。

審査プロセスの大部分は、システムで自動化されていますが、一部人の手で確認をしていますので、たくさんのお申込を頂くと時間がかかることがあります。

②の個人信用情報機関は利用できる時間が8:00~22:00と決まっているため、22:00~翌8:00の間は原則として審査のプロセスは止まっています。

もしスムーズに流れれば、最短で30分〜1時間程度で審査結果を返すことが可能です。

※審査状況によって、審査結果のご連絡に2~3日以上掛かる場合があります。

また、お申込の段階で提出して頂いた書類不備や、審査の内容によってはお客さまに確認をさせて頂く場合がありますので、その場合はご利用の皆さまにご協力をお願いしています。

独自の基準による審査とは?

LINEポケットマネーの審査で私たちが独自に行なっていることを少しだけご紹介します。

① ルールベースの審査
これは過去の知見に基づいて一定の基準(条件)を定めており、その基準(条件)に当てはまった場合に融資をお断りするといった対応をするものです。

例えば、個人信用情報機関から取得した情報によって、他社において返済が長期間にわたり滞っている場合などがこれに当たります。

 

② スコアリングサービス「LINEスコア」による審査
今回の申込に際しご提供いただいた様々な情報や個人信用情報機関から取得した情報などをもとに、将来お客様が返済困難な状態に陥る可能性を数理モデル(AI)で計算しスコア(点数)で表現しています。

数理モデルはLINEポケットマネーの実際の過去データを利用し、どのような傾向があった場合に将来の返済に影響があるのかということを解析することで作られています。スコアはお客様の契約条件(金利、契約金額)の決定に大きな影響を及ぼします。

これらは個人向けローンを扱う金融業者において珍しいものではありませんが、②のスコアリングに利用するデータにLINEの中でお客様がどのような行動をしているかといった独自のデータを加えることで今までにないスコアリングを実現することができると考え実践しています。

そうすることで他社では一律に評価が低いとされるようなお客様でも、全く別の物差しで高い評価をできるケースがあると考えており、ここが私たちの大きなチャレンジの一つです。

LINEポケットマネーでは審査結果はどのようにわかるのか?

お申込いただいた後に、審査結果が出るとLINEのメッセンジャーで通知をさせていただきます。

アプリ上で契約条件(金利、契約金額)を確認、同意をいただくことで契約成立となります。

追伸

審査が必要な理由には、こんな観点もあります。

「必要以上の利息で融資することにより不幸になってしまう人を極力生み出さないようにする」という点です。

高い利息が得られるからといってたくさんのお金を貸し付け、結果としてその人が返済ができなくなると、信用が傷ついてしまう可能性があります。

信用が一度傷ついてしまうと、クレジットカードで買い物をしたり、住宅ローンでマイホームを手に入れるなど今まで普通に出来ていたことが長期間に亘り出来なくなるという自体にもなりかねません。

『貸すも親切、貸さぬも親切』という言葉がありますが、お金を融資する以上はきちんと返済していただけるのかどうかを、私たちは慎重に見極める責任があるのです。

Q. LINEスコアで算出された仮条件(年利と限度額)とは何ですか?

算出したスコアをもとに、LINEポケットマネーの仮条件(年利⋅限度額)を表示しています。
実際にご利用になる場合は、本人確認⋅申込後に審査を経て、本条件(年利⋅限度額)が決まります。

審査の結果、ご提示する条件が現在表示されている「仮条件」と異なる場合や、ご利用いただけない場合があります。

Q. 申込に必要な書類を教えてください

LINEポケットマネーの申込を行う場合は、LINE Payの本人確認で、以下いずれかの本人確認書類の提出が必要です。

ー 運転免許証
ー 運転経歴証明書
 ※運転免許証⋅運転経歴証明書の交付を受けていない方は以下の書類が必要です。
ー パスポート
 ※令和2年2月4日以降に申請されたパスポートは、住所を確認することができないため利用できません。
ー 特別永住者証明書
ー 在留カード(在留資格が「永住者」の場合のみ)
ー マイナンバーカード

また、以下いずれかの条件に該当する場合は収入証明書の提出が必要です。
ー 極度額50万円を超える場合
ー 他の貸金業者からの借入分も合わせて100万円を超える場合

Q. LINEポケットマネーを利用する際に個人情報を提供することになりますか?

LINEポケットマネーを利用される際には、審査のため、お客さまのお名前⋅住所などを取得します。
個人情報の取り扱いについては、以下のページをご参照ください。

 

LINE Creditプライバシーポリシー
LINE Creditプライバシーポリシー追加項目
LINE Credit株式会社の提供するサービス利用のためのLINE Payプライバシーポリシー追加項目

注意事項
LINEポケットマネーのご契約は、スマートフォンからのみ可能となります。
LINEポケットマネーのご契約には、LINEスコアの取得およびLINE Payにおいて本人確認を行う必要があります。(既にこれらがお済みの方は不要です。)
ご契約のお申込状況によっては審査に時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。
LINE Pay残高の利用方法については、LINE Moneyアカウント利用規約に従います。

申込はこちら
LINEアプリがダウンロードされているスマートフォン端末でご確認ください。